採用広報:インタビュー記事を執筆しました

自然の力を活かしきる | Next Commons Lab

Next Commons Lab南三陸 「エナジーフォレスト2〜眠れる森の美女〜」プロジェクトで心身ともに健康で活き活きとした社会を創出する Next Commons Lab南三陸では「エナジーフォレスト森の力を活かしきる2」として、杉から抽出される天然の精油や有効成分を活用し、プロダクトやサービスの開発・事業を展開する企画プロデューサーを募集しています。 今回はプロジェクトパートナーである合同会社MMR代表の佐藤太一さんと、東北医科薬科大学薬学部生薬学教室教授の佐々木健郎さんのお二人にこのプロジェクトの社会的インパクトや将来性についてお話を伺います。 エナジーフォレスト2は、南三陸の森にある杉から抽出される天然の成分を活用して事業を起こすプロジェクトですが、このプロジェクトが社会に与えるインパクトについてはどう思われますか? 佐藤さん:そうですね、南三陸には放置された山がたくさんあるんですけども。これは南三陸だけでなく、日本全体にも言えることで。この手入れがされていない山の木を使うとなると、建材としては売れない大量の廃材がでてきます。杉は特に多いんです。 そのため、こういった木材の新しい活用法をいま日本の林業は模索し始めています。その活用法を考え始めたことが、このエナジーフォレスト2の立ち上げのきっかけになりました。 でも、杉というのはどこにでもある。ですので、それをどうやって付加価値のある商品として開発していくか?という点がとても重要で。例えば、 ちょっと素敵な使い方というか、一般の方々の日常生活に溶け込んだ形での杉の使い方を提案していきたいと考えています。 実は南三陸の山林は、伊達政宗の時代から知る人ぞ知る杉の産地として有名で、南三陸杉ブランドと呼ばれています。仙台の広瀬川にかかる大橋や仙台箪笥という最高級の家具にも昔から使われいてとても長い歴史があるんです。これを特化ブランドとして外へ出していきたいという気持ちが、私の前の世代からありました。でも、震災により一度ストップしてしまった。それをもう一度挑戦したいという想いもこのプロジェクトには込められています。

Next Commons Lab

企業広報ライター・編集者「ヒト・モノ・コトを発信する お手伝いいたします」 -Sasaki-

人や企業の想いを余すことなく文字で伝えます。 伝えたいことはあるけれど、文章にするのは苦手・上手く表現できない。 そんな方のお手伝いができれば嬉しいです。

0コメント

  • 1000 / 1000