海外エッセイ:「海外移住をするということ」を執筆しました

北米でマルチリンガルの子育て、仕事、海外生活と日々奮闘中の筆者が感じた日本と海外の違いや気づきを綴るコラム。

第13回目は、「海外移住をするということ」です。

第13回 コラム

北米でマルチリンガルの子育て、仕事、海外生活と日々奮闘中の筆者が感じた日本と海外の違いや気づきを綴るコラム。 第13回目は、「海外移住をするということ」です。 ==================================== 大人になってからの海外移住。私が移住をしたのは30歳をすぎてから。 それまでは一人旅などで海外を15ヵ国以上(延べ数だったらその倍はある)、フランス留学とカナダワーキングホリデーを経験していて「あの国にまた行きたい!」と強く思うことはあっても、日本が恋しくなったことはほとんどなかったあの頃。 それにも関わらず、移住したばかりの1年目は気分が落ち込んでとても辛かった。 正気に戻った2年目、あれはホームシックと冬季うつを患っていたんだなと気がついた。カナダの気候は少なくとも、年に5か月間は寒く、日照時間が短い。この環境の変化で、気持ちが落ち込んだり、体調不良になったりする人も多いという。私も知らないうちにその影響を受けていたようで、それからは冬時期のビタミンD摂取は欠かせない。 あれから7年。年を追うごとに日本や家族が恋しくなっている。 海外移住でもっとも骨が折れるのは、新たな土地での新たな制度(老後・子供教育・国の制度や福祉関連)を一から外国語で学び・知識を集めること。外国語環境でいろいろするというのは、やはり母国語とは違ってなかなかに大変だ。ボキャブラリーだって、どんどん追加していかないと足りないなと年々感じる。 そしてもう一つは、人生に欠かせない、友人の存在。大人になってからの気のおけない友人作りは、とても難しいと感じる。なんとなく楽しい時間だけを過ごす、さらっとした友人はいても、幼馴染や昔なじみの「なんか通じる信頼感」のような関係性を築ける人に出会えるというのは、キセキに近いんじゃないかという現実。 友人は日本人に限らなくてもいいのだろうけど、日本での幼かったときの思い出話や面白かったテレビや世の中に起こった出来事なんかは、やっぱり日本人同士でないと「わかるー!」という盛り上がりができないから、夫が外国人である以上、日本人の友達はやっぱり不可欠だと感じる。 この間、海外移住してから出会った友人Aと久しぶりにお酒を愉しんだ。彼女とは路上でなんとなく言葉をかわすようになって知り合ったのだが、いまでは気のおけない友人の一人だ。 そんな彼女

美育学園

企業広報ライター・編集者「ヒト・モノ・コトを発信する お手伝いいたします」 -Sasaki-

人や企業の想いを余すことなく文字で伝えます。 伝えたいことはあるけれど、文章にするのは苦手・上手く表現できない。 そんな方のお手伝いができれば嬉しいです。

0コメント

  • 1000 / 1000