Works

『お受けできること』

企業の採用・広報のサポート:社内外報、採用ページ、社員インタビュー、導入事例、コーポレートサイトのテキスト・コピーライティング・テキスト更新、オウンドメディアのコンテンツ制作、ブログ、プレスリリースや商品・サービス紹介、リライトや添削など、文字まわりに関するお手伝い


Webメディアや紙媒体:取材、インタビュー記事、書籍、コラム、編集、広告、ノウハウ、イベントレポート、海外案件、雑誌、フリーペーパー


ヒヤリング:自身の経歴や人生の棚卸しをされたい方のヒヤリングやインタビュー、またそれを基にしたプロフィール作成


写真撮影:イベントレポ用・人物、海外での写真撮影

『執筆実績』

社内外の採用・広報記事(取材・インタビュー・導入事例)、企業HPのコンテンツ制作(コピー、ライティング、リライト)、広告・店舗・商品等のコピーライティング、Webメディア・マガジン、書籍、エッセイ/コラムNPO系イベントレポート、取材(オンライン・対面)、海外ニュースやプレスリリース等の翻訳、会議やアテンド通訳、映像の翻訳など


お仕事をさせていただいた企業様(一部・順不同)

ハーチ株式会社・三菱商事株式会社・Next Commons Lab・株式会社ESCCA・株式会社ソニックガーデン・リモートワークラボ・株式会社マイナビ・宝島社・株式会社PRtable・MW GLOBAL, LLC・DMM.com・イオン株式会社・三井アウトレットパーク・パイプドビッツ・株式会社オリーブ・デ・オリーブ・NPO法人二枚目の名刺・株式会社LIG・株式会社GIG・株式会社JAM STORE・株式会社アロハワークス(HappyOrNot)・EXIT株式会社(REBOOT)・株式会社Showcase Gig・企業ログ・株式会社クヌギ・株式会社リトル・ママ

これまでお仕事をした一部媒体のポートフォリオです。(企業広報・コーポレートサイト関連の執筆・編集実績に関しては別途お問い合わせください)


『執筆・編集媒体(一部)』

採用・広報インタビュー記事:Next Commons Lab(南三陸を担当:構成/インタビュー/ライティング/取材/写真選定/編集)

企業オウンドメディア記事・広報:DIG IN(ライティング/編集:2019年2月〜)

海外生活・育児に関するコラム:美育学園 (企画/構成/ライティング/取材/編集)

海外ニュース:IDEAS FOR GOOD(海外の情報からオリジナル記事を執筆:ライティング/取材/意訳)

働き方に関するコラム・考察記事:リモートワークラボー株式会社ソニックガーデン様(企画/ライティング/取材/編集/意訳:2016年8月から12月まで)

インタビュー・カナダ留学に関するコラム・ハウツー:English Hub(ライティング/インタビュー/取材/編集/意訳))



書籍執筆協力「1時間でわかる大人のワイン入門」(宝島社新書)

民泊に関するニュース翻訳:Minpaku biz(ライティング/意訳:2016年7月から12月ころまで、月15本ほど)

Airbnb、北京および深圳にてホームシェアリング推進に向けたパートナーシップを締結 | 日本最大級の民泊情報サイト MINPAKU.Biz | 民泊・Airbnb運用代行比較

民泊サイト最大手のAirbnbが、今や世界最大の旅行大国となった中国において徐々に事業拡大を進めつつある。統計によると、中国人旅行者は2015年、合計1.2億回もの旅行をしており、2012年以降は世界最大の旅行消費者市場となっているという。また、この動向はAirbnb上にも着実に現れてきており、旅行の際にAirbnbを使用している中国人旅行者の数は2015年に500%増加し、今やAirbnbの中で最も成長しているアウトバウンド市場になっているとのことだ。 そして、ゲストとしてAirbnbを利用して世界を旅した中国人ゲストは、自宅に戻った際、自身も同じようにAirbnbでの経験を広めたいと考え、その後にAirbnbホストになるという流れが多くあるという。 このように中国国内においてもホームシェアリングは地域社会に利益をもたらすという認識が徐々に広まりつつあるが、こうした流れを受けてAirbnbは9月の始め、ついに中国国内の2つのコミュニティ団体と同国内におけるホームシェアリング市場の健全な発展に向けてパートナーシップ契約を締結した。 一つは、北京にあるHuashouコミュニティ高齢者サービスセンターとのパートナーシップだ。中国国家委員会に関連した非営利団体「CNCA」が、同地域に暮らすシニア層に対し、ホームシェアリングがもたらす経済的・社会的利益について学べる機会を提供する。Airbnbがシニア向けの教育・トレーニングを提供し、Huashouコミュニティ高齢者サービスセンターは、同団体のメンバーに対してAirbnbの利用を促進する。 そして二つ目は、中国を代表する経済都市、深圳市との新たな覚書の締結だ。深圳市はイノベーションと起業家精神の文化を非常に重要視しており、同市は今回締結された覚書に基づきAirbnbと協力してホストらを教育し、起業家マインドを育成していく。 中国国外に目を向ければ、Airbnbは既に米国サンフランシスコやオランダのアムステルダム、カナダのオンタリオなど世界中の自治体と同様のパートナーシップを締結し、ホームシェアリングが地域コミュニティに利益をもたらす仕組みの構築に向けて協働を進めている。

MINPAKU.Biz

       下記Facebookページでは過去すべての執筆実積をメディア掲載順に紹介しています。

Facebook